昔も存在していた

アトピー性皮膚炎については、長く様々な議論が続いていますが、昔から存在していたものです。
現在こそ、アレルギーと称されていて、特に食べ物の制限する生活をするのがスタンダードですが、牛乳が飲めない、卵を食べると湿疹ができると言った方はいらっしゃいました。
現在高齢と言う年齢の方でも、食生活には大変だった方もいます。

ここ最近になって、子供のアトピー性皮膚炎が話題になることが多く、その原因も様々言われていることですが、少なくともその患者数が増している事は確かです。
そして、大半が子供であること、そして、症状も原因も特定されていないことです。
先進国である日本はとても多いアトピー性皮膚炎ですが、他の先進国でも増えている現象ですが、注目したいのは途上国でのアトピー性皮膚炎患者の急増です。

これなにを意味しているか?というと、アトピー性皮膚炎は一種の現代病、それも便利な社会に発症するものと言えます。
昔から存在していたと言っても、データ的には昭和の時代のものが古いものになりますが、近代的な社会になってから増えていると言っても良いでしょう。

その数が増えるのも、昔は少ししかいなかったアトピー性皮膚炎の方が親になり、子供に遺伝するとともに環境的な原因によって、ますますその数をましていると言っても良いかもしれません。
昔は少なかったアトピー性皮膚炎、現代になって増えているということは、社会環境が大きく関係していると言っても良いでしょう。


○推薦リンク
アトピーに関する無料相談も出来るアトピーケア用化粧品の通販サイトです → アトピーケア